なるべく痛くない、なるべく削らない治療で再発を防ぎます

痛くない治療

歯科治療でもっとも気になるのが治療中の痛みだと思います。痛みの不安から歯医者さんに行くのをためらい、中には手遅れになる人もいらっしゃいます。「痛みのストレスがなければ、もっと早く歯医者さんに行ったのに...」と思っている方もいらっしゃることでしょう。痛みの不安や恐怖から治療が遅れるのは歯科医師として悲しいことです。最近では痛みに配慮した歯科医院も増えていますので、なるべく早めに歯医者さんに行って欲しいと思います。

当院の治療は、なるべく痛くない・削らない、再治療の少ない治療です。痛みの少ない麻酔注射や、ドックスベストセメントを使ったなるべく削らない治療で、患者さまの負担をできるだけ軽減した治療を実現します。

二段階麻酔で痛みの少ない治療

痛みの少ない治療歯科治療では、痛みを抑えるために麻酔をかけて治療を始めます。痛みをコントロールするための麻酔ですが、針を刺す時や薬を注入する時の痛みや違和感が気になり、麻酔注射を嫌がる人もいらっしゃいます。これでは本末転倒です。

当院では、麻酔時の痛みをなるべく抑えるために、「表面麻酔+麻酔注射」を使った二段階麻酔を採用しています。二段階麻酔を行うことで、針を刺した時の痛みや注入時の違和感が緩和されるので、麻酔時の不安や緊張がなくなり、落ち着いて治療が受けられます。また電動麻酔器や使用する針の太さ、注入回数、針の刺し方等を工夫することで、麻酔による痛みの不安やストレスを取り除きます。

痛みをコントロールする麻酔注射
麻酔注射時の痛みや違和感の原因は二つあります。一つは針を刺した時の痛み、もう一つが薬を注入する時の痛みと違和感です。薬を注入する時の不快感は麻酔薬を注入する時の速度や圧力に左右され、手動の麻酔器を使うと力加減が難しく、手元がブレたり強く押しすぎたりすると、痛みが強くなることがあります。表面麻酔や電動麻酔器を使用することで、麻酔時の痛みがコントロールできます。

●表面麻酔で針を刺した時の痛みを緩和
表面麻酔では局所麻酔を行う箇所に、ジェル状の麻酔薬を歯ぐきや粘膜に塗って使用します。表面麻酔を塗布後、しばらくすると痺れてきますので、それから局所麻酔をすると針を刺した時のチクッとした痛みがほとんどありません。

●電動麻酔器で注入速度をコントロール
電動麻酔器は一定の速度や圧力で麻酔液を注入できるコンピューター制御の麻酔器です。薬を注入する速度や圧力が一定なので、注入時の痛みや違和感が激減します。また当院では極細の針を使っているので、痛みをほとんど感じません。

ドックスベストセメントで再治療を防ぐ

ドックスベストセメント歯を削る量が多くなると神経付近に触れるため、痛みが強くなるだけでなく治療跡が大きくなり、そこから細菌が入り込んで感染するとまたむし歯になってしまいます。削る量をなるべく抑えることで治療中の痛みを減らし、再治療も防ぐことができます。当院では、ドックスベストセメントによるなるべく削らない痛みの少ない治療をご提案しています。

薬でむし歯を治す「ドックスベストセメント」
ドックスベストセメントは、歯をほとんど削らずに天然ミネラルの力でむし歯を治す画期的な治療法です。これまでのむし歯治療では再発を防ぐために、むし歯を大きく削っていました。ドックスベストセメントではむし歯を残したまま薬剤を詰めるので、削る量がごくわずかで済み、感染していない歯質を守ることができます。ドックスベストセメントに含まれている銅(Cu)イオンの殺菌力で無菌化し、その上から蓋をしてしばらくすると、むし歯だった歯質が再石灰化し、固い象牙質になります。

<ドックスベストセメントの特徴>
・歯を大きく削らずに治療ができる
・麻酔を使わずに治療ができて、痛みもない
・銅イオンには殺菌効果があり、再発の心配が少ない
・お子さまにも治療ができる
・体に優しい天然ミネラル成分配合

●ドックスベストセメントとは
アメリカで開発された治療で、歯をほとんど削らず痛みがない治療法です。ドックスベストセメントに含まれている銅イオン、酸化亜鉛、酸化チタン、リン酸、水酸化アルミなどのミネラル成分が作用して細菌を無菌化し、むし歯だった歯質を再石灰化します。アメリカでは一般的な治療で、薬剤の安全性についてはアメリカ最大の歯科団体・アメリカ歯科医師会(ADA)において認められています。

※保険診療が適応されないため、自費診療となります。
※症例によっては適応外の場合もあります。

不安や緊張が強い方へ

不安や緊張が強い方へ痛みの感じ方はその人ごとに異なり、体調や日によっても変わります。少しでも痛みが気になり始めると、そこに意識が集中するので余計に痛みが感じやすくなります。中には痛みをこらえる方もいらっしゃいますが、我慢しないで「痛い」と正直に伝えていただきたいのです。

当院ではユニットごとに呼び出しボタン「ナースコール」を設置し、患者さまにお持ちいただいて治療を行います。お口を大きく開けて治療を受けていますので、痛みや違和感をうまく伝えられません。ナースコールを押していただくと歯科医師が治療の手を止めて痛みの度合いを伺います。我慢しきれない痛みがあれば麻酔の追加など適切な対応を取りますので、我慢せずにボタンを押してください。

治療前に説明して痛みの不安を取り除きます
痛みの不安が強い方には治療や麻酔についてきちんと説明し、不安を取り除いてから治療を受けていただきます。それでも不安や緊張が抜けない方には、その日は無理に治療をせずにお帰りいただき、気持ちを落ち着かせてから次回に治療を受けていただく場合もあります。患者さまの様子を見ながら適切な対応をしますので、痛みの不安が強い方は遠慮せずに相談してください。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております