お子さまに「一生健康な歯」という、かけがえのないギフトを授けましょう

マタニティ歯科

子供のむし歯予防はマイナス1歳からと言われています。
産まれてすぐの赤ちゃんにはむし歯の原因となる菌はおりません。それなのにむし歯になるのは何故なのでしょうか?それは、お母さまをはじめ、ご家族からの感染によるものなのです。

妊娠中は女性ホルモンの変化や生活環境の変化により、むし歯や歯周病になりやすい状態です。これを放置してしまい、むし歯や歯周病になってしまうと、出産後にお子さまへの感染リスクを高めてしまいます。また、妊娠中の歯周病の罹患は早産のリスクをも高めてしまうため、注意が必要です。子供の予防はマイナス1歳からと言うのは、赤ちゃんがお腹の中にいる間のお母さま自身の予防の大切さを意味しているのです。

健康な口腔状態で妊娠生活を送っていただくこと、そして赤ちゃんを迎えることが、お子さまのお口の健康につながっています。まずは検診と専門家によるケア、アドバイスをお受けいただければと思います。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております