ドックスベストセメントで再治療を防ぐ

ドックスベストセメント歯を削る量が多くなると神経付近に触れるため、痛みが強くなるだけでなく治療跡が大きくなり、そこから細菌が入り込んで感染するとまたむし歯になってしまいます。削る量をなるべく抑えることで治療中の痛みを減らし、再治療も防ぐことができます。当院では、ドックスベストセメントによるなるべく削らない痛みの少ない治療をご提案しています。

薬でむし歯を治す「ドックスベストセメント」
ドックスベストセメントは、歯をほとんど削らずに天然ミネラルの力でむし歯を治す画期的な治療法です。これまでのむし歯治療では再発を防ぐために、むし歯を大きく削っていました。ドックスベストセメントではむし歯を残したまま薬剤を詰めるので、削る量がごくわずかで済み、感染していない歯質を守ることができます。ドックスベストセメントに含まれている銅(Cu)イオンの殺菌力で無菌化し、その上から蓋をしてしばらくすると、むし歯だった歯質が再石灰化し、固い象牙質になります。

<ドックスベストセメントの特徴>
・歯を大きく削らずに治療ができる
・麻酔を使わずに治療ができて、痛みもない
・銅イオンには殺菌効果があり、再発の心配が少ない
・お子さまにも治療ができる
・体に優しい天然ミネラル成分配合

●ドックスベストセメントとは
アメリカで開発された治療で、歯をほとんど削らず痛みがない治療法です。ドックスベストセメントに含まれている銅イオン、酸化亜鉛、酸化チタン、リン酸、水酸化アルミなどのミネラル成分が作用して細菌を無菌化し、むし歯だった歯質を再石灰化します。アメリカでは一般的な治療で、薬剤の安全性についてはアメリカ最大の歯科団体・アメリカ歯科医師会(ADA)において認められています。

※保険診療が適応されないため、自費診療となります。
※症例によっては適応外の場合もあります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております