二段階麻酔で痛みの少ない治療

痛みの少ない治療歯科治療では、痛みを抑えるために麻酔をかけて治療を始めます。痛みをコントロールするための麻酔ですが、針を刺す時や薬を注入する時の痛みや違和感が気になり、麻酔注射を嫌がる人もいらっしゃいます。これでは本末転倒です。

当院では、麻酔時の痛みをなるべく抑えるために、「表面麻酔+麻酔注射」を使った二段階麻酔を採用しています。二段階麻酔を行うことで、針を刺した時の痛みや注入時の違和感が緩和されるので、麻酔時の不安や緊張がなくなり、落ち着いて治療が受けられます。また電動麻酔器や使用する針の太さ、注入回数、針の刺し方等を工夫することで、麻酔による痛みの不安やストレスを取り除きます。

痛みをコントロールする麻酔注射
麻酔注射時の痛みや違和感の原因は二つあります。一つは針を刺した時の痛み、もう一つが薬を注入する時の痛みと違和感です。薬を注入する時の不快感は麻酔薬を注入する時の速度や圧力に左右され、手動の麻酔器を使うと力加減が難しく、手元がブレたり強く押しすぎたりすると、痛みが強くなることがあります。表面麻酔や電動麻酔器を使用することで、麻酔時の痛みがコントロールできます。

●表面麻酔で針を刺した時の痛みを緩和
表面麻酔では局所麻酔を行う箇所に、ジェル状の麻酔薬を歯ぐきや粘膜に塗って使用します。表面麻酔を塗布後、しばらくすると痺れてきますので、それから局所麻酔をすると針を刺した時のチクッとした痛みがほとんどありません。

●電動麻酔器で注入速度をコントロール
電動麻酔器は一定の速度や圧力で麻酔液を注入できるコンピューター制御の麻酔器です。薬を注入する速度や圧力が一定なので、注入時の痛みや違和感が激減します。また当院では極細の針を使っているので、痛みをほとんど感じません。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております