再発の少ない長持ちする治療

再発の少ない長持ちする治療

「噛んだ時にズキンと痛みがする」「歯の表面を舌で触ると違和感がある」「むし歯治療は痛いからイヤ!」等々。こうした歯の悩みや治療中の不安でお困りではありませんか。当院の一般歯科の治療方針は、なるべく痛みが少なく、長持ちする治療です。治療前に行うカウンセリングで患者さまとドクターの双方で現状を確認し、症状やご要望に合わせた治療をご提案します。

常に最善を尽くす治療でお口の健康を守ります
二段階麻酔で治療中の痛みを緩和し、一つひとつをていねいに、確実に処置することで再発リスクを抑えます。なるべく歯を削らないドックスベストセメントや、重度のむし歯を守る根管治療など、お口の状態に沿った最善の治療を行います。常に最善を尽くすことで再発リスクを防ぎ、10年、20年先まで考えた治療で大切な歯の健康をお守りします。

痛みの少ない治療

痛みの少ない治療むし歯治療の最大のネックは治療中の痛みだと思います。痛みが怖くて歯科医院に来ない方も少なくありません。当院では痛みに配慮したストレスの少ない治療を心がけています。麻酔は二段階方式を採用し、麻酔そのもの痛みやストレスを緩和。電動麻酔器により注入時の痛みや違和感をコントロールします。また針の刺し方や薬の注入の仕方に独自の工夫を凝らしたり、極細針を使ったりすることで痛みによる不安やストレスを緩和します。常に快適な治療を心がけていますので、痛みの不安がある方もご安心ください。

「痛みに配慮した治療」はこちらへ

なるべく削らない長持ちする治療

なるべく削らない長持ちする治療歯は一度削ると二度と元には戻りません。大きく削った歯は歯質が弱くなるのでむし歯の再発率が高くなり、再治療の繰り返しになります。再発の少ない治療をするには、削る量を最小限に抑えて的確に処置することが大切です。当院では、なるべく削らずに長持ちさせるために、ドックスベストセメントを使った治療をご提案しています。

ドックスベストセメントは、歯をほとんど削らずに薬を使ってむし歯を治す画期的な治療法です。天然ミネラルを主成分にしていて、銅(Cu)イオンの殺菌力でむし歯を残したまま無菌化します。むし歯の大きさにもよりますが、痛みなどの症状がない大きめのむし歯でも、ドックスベストセメントを使うことで神経を残したまま効果的な治療ができます。

ドックスベストセメントについて詳しく

根管治療で悪化した歯を残す

根管治療むし歯が進行すると神経が通っている管(根管)の中に細菌が広がり、根の先に感染したり、膿がたまったりします。象牙質もほとんど溶かされてしまうため、残っている歯がほとんどありません。この状態になると一般的なむし歯治療が難しくなり、特別な処置「根管治療」が必要になります。

通常では抜歯と見なされるような重度のむし歯でも、根管治療を行うことで歯の寿命を引き延ばせる可能性があります。当院でも悪化したむし歯に対しては、なるべく歯を残すために根管治療を行っています。

ていねいな処置で再発を防ぐ
歯の中にある根管は確認が難しく、しかも根の先が複雑に分かれているため非常に難易度の高い治療です。根管内に少しでも細菌が残っていると再発リスクが高くなるので、見落としや漏れがないように的確な処置が必要です。当院では時間をかけてていねいに、確実に処置することで極力再発を防ぎます。治療が困難な難症例の歯でも、最後まで諦めずに最善の努力を尽くします。

むし歯の進行と治療

食事をすることで口腔内が酸性に傾き、歯の表面が酸によって溶かされます。これを脱灰といいます。そして唾液などで中和されると再び元の状態に戻ります。これを再石灰化といいます。お口の中では常に脱灰と再石灰化を繰り返すことで歯の健康が保たれていますが、このバランスが崩れた時にむし歯になりやすくなります。むし歯のレベルはCOからC4まであり、徐々に大きくなっていきます。

C1(エナメル質のむし歯)C1
歯の表面(エナメル質)が酸で溶かされた初期段階のむし歯です。うっすらと色が変わった程度で痛みやしみなどはありません。この段階でしたらフッ素塗布と毎日の歯磨きで再石灰化が望めます。

C2(象牙質のむし歯)C2
むし歯がエナメル質から象牙質まで広がった状態です。歯の表面の色が変わり小さな穴が開いているので、冷たい物や甘い物を食べると痛みやしみを感じることがあります。むし歯だけを削って白い詰め物をします。

C3(歯髄のむし歯)C3
さらに進行して神経までむし歯が届いた状態です。穴が大きくなり舌で触るとはっきりわかるようになります。食事をすると食べ物が穴に詰って神経に触れるので、痛みが伴うことがあります。この段階になると抜髄(神経を取る処置)をして、詰め物やかぶせ物をします。

C4(重度のむし歯)C4
歯がほとんど溶かされて根だけが残っている状態です。根の先にまで細菌が広がり、膿がたまったりするので治療が困難になります。根管治療で根の病巣を取り除いて歯を保存します。治療が困難な場合は抜歯になります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております