むし歯の進行と治療

食事をすることで口腔内が酸性に傾き、歯の表面が酸によって溶かされます。これを脱灰といいます。そして唾液などで中和されると再び元の状態に戻ります。これを再石灰化といいます。お口の中では常に脱灰と再石灰化を繰り返すことで歯の健康が保たれていますが、このバランスが崩れた時にむし歯になりやすくなります。むし歯のレベルはCOからC4まであり、徐々に大きくなっていきます。

C1(エナメル質のむし歯)C1
歯の表面(エナメル質)が酸で溶かされた初期段階のむし歯です。うっすらと色が変わった程度で痛みやしみなどはありません。この段階でしたらフッ素塗布と毎日の歯磨きで再石灰化が望めます。

C2(象牙質のむし歯)C2
むし歯がエナメル質から象牙質まで広がった状態です。歯の表面の色が変わり小さな穴が開いているので、冷たい物や甘い物を食べると痛みやしみを感じることがあります。むし歯だけを削って白い詰め物をします。

C3(歯髄のむし歯)C3
さらに進行して神経までむし歯が届いた状態です。穴が大きくなり舌で触るとはっきりわかるようになります。食事をすると食べ物が穴に詰って神経に触れるので、痛みが伴うことがあります。この段階になると抜髄(神経を取る処置)をして、詰め物やかぶせ物をします。

C4(重度のむし歯)C4
歯がほとんど溶かされて根だけが残っている状態です。根の先にまで細菌が広がり、膿がたまったりするので治療が困難になります。根管治療で根の病巣を取り除いて歯を保存します。治療が困難な場合は抜歯になります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております