根管治療で悪化した歯を残す

根管治療むし歯が進行すると神経が通っている管(根管)の中に細菌が広がり、根の先に感染したり、膿がたまったりします。象牙質もほとんど溶かされてしまうため、残っている歯がほとんどありません。この状態になると一般的なむし歯治療が難しくなり、特別な処置「根管治療」が必要になります。

通常では抜歯と見なされるような重度のむし歯でも、根管治療を行うことで歯の寿命を引き延ばせる可能性があります。当院でも悪化したむし歯に対しては、なるべく歯を残すために根管治療を行っています。

ていねいな処置で再発を防ぐ
歯の中にある根管は確認が難しく、しかも根の先が複雑に分かれているため非常に難易度の高い治療です。根管内に少しでも細菌が残っていると再発リスクが高くなるので、見落としや漏れがないように的確な処置が必要です。当院では時間をかけてていねいに、確実に処置することで極力再発を防ぎます。治療が困難な難症例の歯でも、最後まで諦めずに最善の努力を尽くします。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております