適合性のよいかぶせ物を作るための型取りのこだわり

当院では歯周炎や歯周病の方には、歯のクリーニングや歯周病治療を行って歯ぐきの状態を整えてから歯型を取ります。歯周炎や歯周病があると歯ぐきの腫れや出血があり、キレイな歯型が取れません。その状態でかぶせ物を作ると適合性が悪くなり、隙間から唾液や汚れが入り込んでむし歯・歯周病のリスクが高くなります。型取り前に歯ぐきの状態を整えると、歯肉が安定してキレイな歯型が取れます。適合性もよくなるので、美しく仕上がって長持ちするようになります。

当院の自費治療における型取りへのこだわり
1.歯茎の状態を整えるための精密な仮歯を作成します。2.患者さまに合わせたオーダーメイドの型取り用トレーを作成します。3.歯茎の状態がしっかりと整うまでの間、歯科医師と衛生士による徹底した歯茎の管理をします。(無料クリーニングおよび仮歯の調整など)4.歯茎の状態が整ったところで、選び抜いた精密な印象材(型をとる材料)をもちいて型取りをします。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております