歯周病の進行と治療について

歯周病は細菌の出す毒素によって歯を支えている骨が溶かされていく病気です。初めのうちは自覚症状がありませんが、ゆっくりと進行していき、やがて歯がぐらついて抜け落ちてしまします。治療すれば歯周病の進行を食い止めることができますが、溶けてしまった骨をもとの状態に戻すことはできません。定期健診を受けて早期発見に努めることが、歯周病から歯を守る一番の治療といえます。

軽度歯肉病歯周病の進行
歯と歯肉の間に汚れがたまり、細菌の繁殖により歯肉炎が起きている状態です。歯肉の腫れや出血などがありますが、歯のぐらつきはありません。歯のクリーニングとブラッシング指導を数回受けると歯肉の状態が回復します。

中等度歯周病歯周病の進行
炎症が広がり、歯の周辺歯肉が赤く腫れあがって出血もあります。口臭がきつくなって口腔内が不快に感じます。この段階になると歯周ポケットの溝が深くなり、骨が溶かされて歯の動揺が始まります。麻酔をかけて歯周ポケット内の根の回りに付着した歯石を除去して治療をします。

重度歯周病歯周病の進行
さらに進行すると、歯肉が化膿して真っ赤に腫れあがって骨の後退が進みます。歯のぐらつきが激しくなり、さらに進行すると脱落します。この段階になると歯周外科の対応になります。それでも治療が難しい場合は抜歯になります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております