歯周病と全身疾患の関係

歯周病と全身疾患以前から歯周病と糖尿病の因果関係が知られていましたが、近年、歯周病が全身にも悪影響を与えることが明らかになり、歯周病治療の重要性が改めて問われています。

糖尿病
糖尿病の方は体内での血糖値のコントロールが上手くできないため、歯周病の症状が悪化しやすくなります。また歯周病の方が糖尿病になりやすいとも言われています。

心臓疾患
歯周病菌が体内に入ると、血液を介して全身に巡ります。血管内で血栓(血液の塊)を作りやすくなり、動脈硬化を引き起こしたり、心筋梗塞・狭心症などのリスクが高まる危険性があります。

肺炎(誤嚥性肺炎)
血液の中に入りこんだ歯周病菌が肺に感染すると肺炎になるリスクが高まります。また、嚥下の弱い方が細菌を含む唾液を気道に入れてしまい、誤嚥性肺炎を引き起こすこともあります。

低体重児出産・早産
妊婦はホルモンバランスが乱れるため、口腔内のバランスも崩れます。妊婦特有の歯周病に感染しやすくなります。胎児にも影響があり、早産や低体重児出産になるケースがあります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております