早期発見・早期治療で歯周病から歯を守る

歯周病治療

歯周病は日本人の歯を失う原因のトップにあげられる口腔内の病気です。むし歯と同じように細菌が引き起こす病気ですが、むし歯と違うのは歯を支えている「骨」を溶かしていくこと、そして自覚症状がほとんど無いことです。重度になると歯を支えきれなくなり、やがて歯が抜け落ちてしまいます。それゆえ恐ろしい病気と認識されていますが、早期発見・治療ができれば多くの場合は進行を食い止めることができます。大切な歯を守るためにも少しでも異変を感じたら、早めに歯周病検査を受けて早期発見・早期治療を心がけましょう。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております