インプラント・ブリッジ・入れ歯の違い

現在、歯を失った後の治療には、「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」の3つがあり、それぞれに特徴があります。入れ歯やブリッジは比較的簡単に治療ができますが、残っている歯に負担がかかります。インプラントは大掛かりな手術が必要ですが、残っている歯を守れることから、もっとも優れた治療といえます。どの治療法を選ぶかによってお口全体の環境も変わってきますので、3つの治療法の違いをきちんと知っておくことが大切です。

 インプラント
インプラント
ブリッジ
ブリッジ
入れ歯
入れ歯
治療法 歯を失った場所を切開してインプラントを埋入し、その上に人工歯を装着する治療法 失った歯の両隣の歯を削って土台にし、その上に連結式の人工歯を装着する治療法 取り外し式の人工歯を装着する方法
メリット ・残っている歯に負担がかからない
・安定性がある
・審美性が高い仕上がり
・口腔内を健康にする
・しっかり噛める
・お口全体の健康が保たれる
・両隣の歯を支えにするので安定している
・しっかり噛める
・比較的治療期間が短期間
・取り外しができるので清掃性がよい
・比較的治療期間が短期間
・保険と自費の選択ができる
デメリット ・自費診療で高額
・大がかりな手術が必要
・治療期間が長い
・顎の状態に左右される
・メインテナンスが欠かせない
・土台となる両隣の健康な歯を削る必要がある
・土台となる歯に力がかかって負担がかかる
・固定式なので清掃性が悪い
・慣れるまで時間がかかる
・不安定になりがち
・違和感がある
・しっかり噛めない

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております