その他の当院取扱い入れ歯

金属床義歯その他の入れ歯
金属はプラスチックや樹脂に比べ強度が高いので、入れ歯をより精密に薄くすることができます(プラスチック製の約1/4以下)。違和感も少なく、自然に近い発声ができます。
金属は食事(食べ物)の温度(熱さ・冷たさ)がよく伝わり、味覚を損ないません。時間をかけて丁寧にお口の中の動きや粘膜の形を採るため、ピッタリ合った入れ歯になります。

磁性アタッチメントその他の入れ歯
残っている歯と入れ歯にそれぞれ磁石を埋め込み、磁力によって入れ歯を維持します。金属のバネを使わないため安定感があり、また残っている歯に負担をかけないので、今ある歯を長持ちさせることができます。

ロケーター義歯その他の入れ歯
インプラントを利用した入れ歯で、インプラントオーバーデンチャーとも言われています。少ない本数のインプラントを使って入れ歯を強固に固定でき、ご自分の歯のようによく噛めます。床部分を無くすことができるので、違和感を感じることもありません。

カムデンチャーその他の入れ歯
従来のバネ式ではなく、特別なカム構造によって入れ歯を固定させるため安定性もあり、コンパクトに作ることが可能です。 通常の入れ歯のバネ(金具)と違い、なるべく歯に負担が掛からないように設計されているため、歯が長持ちします。

保険の入れ歯(プラスチック義歯)その他の入れ歯
保険適用のため治療費を抑えることができます。床部分を広く取っているので違和感がありますが、食事や会話で不自由することはありません。とは言え異物がお口の中に入るわけですから、入れ歯が初めての方は慣れるまでが少し大変かもしれません。そして慣れてくるともっと性能の良い入れ歯を求められるようになります。最初の入れ歯を保険で作り、慣れてきてから自費の入れ歯を作られる方も多くいらっしゃいます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております