「小児矯正」成長を利用した二段階の治療

小児矯正小児矯正はお子さまの成長に合わせた治療です。第一期治療、第二期治療の二段階方式で進めていきます。

第一期治療
永久歯に生え変わった6~7歳ごろから始める矯正です。お子さまの顎の成長を促しながら、歯が並ぶスペースを作ります。一般的には「床矯正装置」を使って顎の骨を少しずつ拡大していきます。この時期の治療次第では第二期治療が短くなったり、必要なくなることもあります。

第二期治療
ワイヤーを使った本格的な矯正治療です。第一期治療では歯のねじれを治すことができないので、ワイヤーを使ってねじれを矯正して歯並びや咬みあわせを整えます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております